お問い合せ
HOME トピックス朝鮮半島と日本列島の使命悠久の河-和の文化を創造世界の平和と水の偉人イベント出版物研究所の歴史アーカイブス電子書籍
20190608対立から共生の文化へ
20190216小泉純一郎元総理講演会
20181124講演・座談会
20181027中国北京市新書出版発表会
20180321映画日本と再生上映・講演・ズットナー出発式
20171126八雲立つ日本・出雲から陽が昇る
20170408野田一夫先生講演会・座談会
20161120朗読劇 悠久の河
20160801第2回水と火の祭
20160410八雲ゆう游こいのぼり
20151117出雲から陽が昇るシンポジウム
20150801水と火の祭 周藤彌兵衛翁像建立1周年記念
20141123出雲から陽が昇るシンポジウム
20140801周藤彌兵衛翁像建立除幕式
混迷の時代出雲から陽が昇るシンポジウム
混迷の時代出雲から陽が昇るシンポジウム
20061121神有月和譲平和フォーラム
20060310平和環境健康特別区申請特別シンポジウム
19970329第2回縁結び大会
19951123第1回神有月縁結び世界大会



2013年8月24日出雲から陽が昇るシンポジウム

ダイジェスト動画TVニュース広報資料
新聞記事新聞記事お礼状

講演会「出雲から陽が昇る」開催にあたって

私は小松電機産業株式会社の創業者として、「高速シートシャッター門番」とRubyを使ったクラウドによる「総合水管理システムやくも水神」の2つの市場創造と、アジア及び世界各国で平和事業活動を続けながら、21世紀の日本人社会事業家のあるべき姿を模索してきました。その結果、昨年は藍綬褒章を受章しました。

また、本年8月15日からオランダのハーグにおいて、平和宮完成100周年記念事業の一環として、「世界の平和事業家20人」の一人として展示されています。活動実績と方向性は、コンセプト映像「出雲から陽が昇る」(日本語・英語)で、ご覧いただけます。

このたびの島根県議会の従軍慰安婦に関する意見書可決を受け、韓国から高齢の元慰安婦・李容洙さん、慰安婦問題違憲訴訟で原告弁護団団長を務めた崔鳳泰弁護士を含む7人の韓国平和訪問団が来日されます。「めだか論語の会」のメンバーを中心とする「輝く未来を考える女性の会」とともに、訪問団を鳥取県の「風の丘」「燕趙園」にご案内し、小松電機産業株式会社太陽ホール(松江市乃木福富町湖南テクノパーク)で開催する講演会にお迎えすることとしました。

核大国の結節点にあたる日本海・竹島に、人間の尊厳のシンボルとしての女性像を建立し(1999年に構想発表)、韓国日本大使館前の少女像、世界につくられている関連の碑及び像の竹島移設を通じて、環日本海各国の原子力発電所の安全管理(稼働・停止・停止後)、国際海洋牧場化、日本・韓国・朝鮮の非核化、周辺諸国ひいては世界の核軍縮につなげ、漫画「はだしのゲン」の閲覧制限が社会問題化している国際文化観光都市松江市から世界平和の潮流を生み出す「和の文化」実現への道筋を描く機会にしたいと思っています。開催時間は別紙の通りです。ご来場をお待ちしております。

※平和宮:「鉄鋼王」アンドリュー・カーネギーの寄付で作られた歴史的建造物で、現在、国際司法裁判所や常設仲裁裁判所などが入っています。

講演会 出雲から陽が昇る
主催
財団法人人間自然科学研究所
小松電機産業株式会社
代表 小松 昭夫

協賛
輝く未来を考える女性の会
代表 佐藤 京子

日本島根訪問団

訪問団体名 : 大邱地方弁護士会平和使節団
訪問目的 :従軍慰安婦問題に対し、強制性を認めない安倍内閣に是正を求める意見書を、はじめて発意された新日本婦人の会と、その意見書の採択を議決した、島根県議会に感謝の意を表明し、これを契機に韓・日間の懸案である、慰安婦問題を平和的に解決し、韓・日間の望ましい友好関係を増進する。

朴 賢 相
崔 鳳 泰
方 文 一
林 汶 雨
金 炳 翼
李 容 洙
呉 相 泰
バク・ヒョンサン
チェ・ボンテ
バン・ムンイル
イム・ムンウ
キム・ビョンイク
リ・ヨンス
オ・サンテ
大邱地方弁護士会 弁護士
大邱地方弁護士会 弁護士
大邱地方弁護士会 弁護士
大邱地方弁護士会 弁護士
大邱地方弁護士会 弁護士
日本軍 慰安婦 被害者
前 大邱大学校人文大学 学長

シンポジウムの様子

挨拶 飯塚大幸
講演 小泉純一郎
書籍・花束贈呈

竹島独島地球共生・縁結びの女性像建立(1999年提案)



お問い合せ