日本海を中海に名称入れ替え


 2001年の歴史教科書記述、首相靖国神社参拝を発端に、全国的に歴史論議が白熱、島根県知事の「竹島帰属」発言問題も相俟って、官民を問わず教育機関や子供たちまで巻き込み、韓国との交流が数多く中断される事態を招きました。
 また、アメリカでおきたテロ事件から戦争がはじまり、世界的に社会混迷が深まるなか、年末には公海上で日本による不審船銃撃・沈没事件が発生しました。

 この事件で命を亡くされた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、ご遺族のみなさまに対し心よりお見舞いいたします。

 そして、このような問題を再びおこさないために、事件にいたる経緯と歴史的背景に思いをいたし、「災い転じて福となす」ことができるよう、朝鮮半島の対岸に生活する私たちから、現状を打破し、未来に対してなにをなすべきかを考えようではありませんか。
 その第一歩として、名称が国際問題となっている「日本海」と昨年干拓中止が決定した「中海」の名称入れ替えを提案いたします。

 この提案をきっかけとして、議論の輪が広がり、この地から大きなうねりが起き、未来に希望がわく社会創造に向け歩み出せることを祈念します。

みなさまのご意見をお待ちしております。

asyura@green.hns.gr.jp

(c) 2004 Human Nature Science Institute